成田エクスプレス(N’EX)の乗り方から料金まで事前に知っておくべき全知識

スカイライナー窓口

成田空港に行く際、都内の主要駅からアクセスしやすい成田エクスプレスを利用する人は多いですよね。

ですが、普段乗らない成田エクスプレスの乗り方や料金など、分からないところもあるかと思います。

この記事では、以下について解説します。

  • 成田エクスプレスの基本情報
  • 成田エクスプレスのメリット・デメリット
  • 乗車するときの注意点
  • その他のアクセス方法

ぜひ参考にしてください。

 

成田エクスプレス(N’EX)とは?

まずは成田エクスプレス(N’EX)の以下の部分を解説します。

  1. 成田エクスプレスとは
  2. 運行エリア
  3. 車両情報
  4. 運行料金
  5. チケットの購入方法
  6. 成田空港への所要時間

基本情報になるのでしっかり確認しましょう。

成田エクスプレスとは?

東京駅をはじめ、品川・渋谷・新宿・池袋・横浜・大宮などの主要な駅と成田空港をダイレクトに結ぶ列車です。朝は5時台から、夜は23時台まで運行しています。

国際空港へのアクセス列車であることから、外国人乗客を意識して、英語名からN’EX(ネックス)と略される事があります。

全席に大型テーブルやパソコン利用が可能なコンセントを備え、足元には高さ25cmの荷物スペースが設けられています。

充実した車内空間で快適に移動できるのも魅力の1つです。

運行エリア

成田エクスプレス_路線図
出典:成田エクスプレス公式HP

東京駅、品川駅、渋谷駅、新宿駅、池袋駅、大宮駅、武蔵小杉駅、横浜駅、吉祥寺駅、三鷹駅、国分寺駅、立川駅、八王子駅、高尾駅、戸塚駅、大船駅、千葉駅、四街道駅、佐倉駅、成田駅、空港第2ビル駅、成田空港駅の22駅が運行エリアになります。

東京駅や品川駅などの主要な駅に乗り換えなしで約1時間で行けるのが大きな魅力です。

ただ、全ての駅に停まらない場合もあるので注意しましょう。というのも、成田エクスプレスには運行ルートが複数あるため、途中の停車駅は列車によって異なります。全ての便が停まるのは東京駅だけですので、乗車する際は事前に時刻表で確認するのがいいですね。(成田エクスプレス公式HP時刻表

車両情報

定員合計290名(普通車262名、グリーン車28名)となっています。

各車両の定員は、1,7号車(40名)

        2,8号車(56名)

        3,9号車(56名)

        4,10号車(56名)

        5,11号車(54名)

        6,12号車(28名)です。

車内設備一覧

  • 非常用ボタン
  • 自動体外式除細動器(AED)
  • ベビーベッド
  • ベビーチェア
  • 多目的室
  • 車椅子対応座席
  • 洗面所
  • トイレ
  • 男子トイレ
  • 身障者用設備
  • 消化器
  • くずもの入れ
  • 乗車口

※全席禁煙となっています。

詳しい設備の位置は成田エクスプレス公式HPをご覧ください。

運行料金

成田エクスプレス料金表(片道)普通車(乗車券、指定席特急券の合計)グリーン車(乗車券、指定席特急券の合計)
高尾駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,700円6,270円
八王子駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,700円6,270円
立川駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,370円5,940円
国分寺駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,370円5,940円
三鷹駅 ⇔ 成田空港駅4,370円5,940円
三鷹駅 ⇔ 空港第2ビル駅3,420円4,990円
吉祥寺駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,420円4,990円
大船駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,700円6,270円
戸塚駅 ⇔ 成田空港駅4,700円6,270円
戸塚駅 ⇔ 空港第2ビル駅4,370円5,940円
武蔵小杉駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,420円4,990円
横浜駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅4,370円5,940円
大宮駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,910円5,480円
池袋駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,250円4,820円
新宿駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,250円4,820円
渋谷駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,250円4,820円
品川駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,250円4,820円
東京駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅3,070円4,640円
千葉駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅1,970円3,540円
四街道駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅1,880円3,450円
佐倉駅 ⇔ 空港第2ビル駅/成田空港駅1,710円3,280円
成田駅 ⇔ 成田空港駅1,530円3,100円
成田駅 ⇔ 空港第2ビル駅1,490円3,060円

チケットの購入方法

成田エクスプレスに乗車するには、乗車券またはSuica等のICカードの他に、特急券が必要になります。

購入方法は以下3つです。

  1. えきねっとで予約購入
  2. えきねっとでチケットレスサービス
  3. 窓口で予約購入

それぞれの方法を順番に解説します。

1.えきねっとで予約購入

パソコン、スマートフォンからえきねっとにアクセスして、予約購入する方法です。

乗車日1ヶ月前の切符発売日のさらに1週間前から申し込む事ができます。えきねっとで申し込んだチケットは事前の受け取りが必要です。受け取り、支払いはJR東日本の指定席券売機、みどりの窓口などでする事ができます。

チケットの受け取りに必要なものは以下の3つです。

  • 予約手続き完了時に知らされた予約番号(5桁)
  • 申し込み時に登録したクレジットカード
  • クレジットカードの暗証番号

受け取りは本人のみ可能なのも覚えておきましょう。

2.えきねっとでチケットレスサービス

えきねっとにはチケットレスサービスがあります。利用することで、発券作業の必要がなく携帯ひとつで乗車が可能。さらにえきねっとチケットレス割引も適用される、便利でお得なサービスです。(パソコンからは申し込めません)

購入の手順は以下の3ステップです。

  1. スマートフォン、携帯電話のえきねっとサイトにアクセスし、チケットレス申し込みメニューから申し込む。
  2. 申し込み完了後、購入完了メールが届くので、端末に保存し持っていく。
  3. 乗車(別途乗車券またはSuikaなどのICカードが必要)

詳細は公式HPでご確認ください。

3.窓口で予約購入

みどりの窓口、びゅうプラザ、指定席券売機、また主な旅行会社で乗車日の1ヶ月前から販売します。

成田空港への所要時間

都内主要駅(東京駅、品川駅、新宿駅、池袋駅)から成田空港への所要時間は約1時間です。

また、都内主要駅であれば乗り換えなしで成田空港まで行けます。

 

成田エクスプレスのメリット

成田エクスプレスには大きなメリットが2つあります。

  • 利便性
  • 快適さ

どちらも移動する際に大切な部分ですね。詳しく解説します。

【メリット1】利便性

1つ目のメリットが、主要駅から直接成田空港へ行ける利便性です。

東京駅、品川駅、新宿駅、池袋駅、八王子駅などの都内主要駅からは乗り換えなしで、直接空港にアクセスできます。東京だけでなく、横浜など首都圏の主要駅も結んでいるため、利便性に優れています。特に、スカイライナーと比べると上野駅か日暮里駅で乗り換える必要があり、高速バスの場合は改札の外に出ないといけません。

わざわざ上野駅や日暮里駅に行かなくても、最寄りの主要駅から成田空港に行けるのは大きなメリットですね。

【メリット2】車内が快適

もう1つのメリットは車内設備が充実していて、成田空港までの時間を快適に過ごす事ができるという点です。

全席にコンセントが完備されていて、大型テーブルにゆったりとしたリクライニングシートがあります。普通席でも座席のスペースには余裕があり、背もたれの枕も柔らかく、長時間乗っても快適に過ごせます。さらに、グリーン車は本格張シートで、利用者も少ないのでより快適性に優れます。

空港までの時間を優雅に過ごしたいという方にはおすすめです。

 

成田エクスプレスのデメリット

成田エクスプレスのデメリットを2つご紹介します。

  • 料金
  • 所要時間

サービスを利用する上でしっかり把握しておきたい部分ですね。詳しく解説します。

【デメリット1】料金がやや高い

デメリットの1つ目が料金がやや高いことです。

スカイライナーと比べると、上野駅または日暮里駅から成田空港までライナー券込みで2,470円と差がありますね。

できるだけ早く安く成田空港へアクセスしたい場合は、スカイライナーを利用するのが良いかもしれません。

【デメリット2】所要時間がやや長い

デメリットの2つ目は、駅〜空港間の所要時間がやや長いということです。

これもスカイライナーと比べると、日暮里駅から空港第2ビルまでなら最短36分で移動可能ですが、成田エクスプレスは最短でも出発地点から成田空港まで54分かかります。

 

成田エクスプレスに乗る前に覚えておきたい注意点

成田エクスプレスの利用にあたり覚えておきたい注意点が3つあります。

それは、

  1. 停車しない駅がある
  2. 乗車券と特急券が必要
  3. 全席指定席

です。

以下でそれぞれ詳しく解説します。

【注意点1】停車しない駅がある

成田エクスプレスには、時刻や出発地によって様々な運行ルートがあるため、途中の列車駅が異なります。全ての便が停まるのは東京駅だけですので、乗車の際は必ず時刻表や乗り換えアプリで事前に調べましょう。時刻表は成田エクスプレス公式HP時刻表をご覧ください。

【注意点2】乗車券と特急券が必要

成田エクスプレスは特急電車のため、乗車には乗車券の他に特急券が必要です。

乗車券をすでに持っている場合や、SuicaやPasmoなどICカードを利用する場合は、特急券のみ購入すれば乗車することができます。

【注意点3】全席指定席

成田エクスプレスは全席指定席となっていて自由席はありません。

事前にチケットを購入して、特急券に表示されている番号の座席に座りましょう。なお、座席は特急券を購入するときに指定することができます。

 

実は成田空港へ行く手段はたくさんある

ここまで、成田エクスプレスについて紹介してきましたが、他にも成田空港へ行く手段はたくさんあります。

ここでは以下の、成田空港へ行く手段をご紹介します。

  1. ニアミーエアポート
  2. 京成スカイライナー
  3. リムジンバス
  4. タクシー

ニアミーエアポート

ニアミーエアポートは弊社が提供しているドアtoドアで成田空港まで車で送迎してくれる新しいサービスです。

独自のAI機能により最も適した送迎ルートを実現。これにより、自宅やホテルから直接成田空港に行くことができるので重い荷物を持って歩く必要がありません。成田空港に向かう便にはWi-fiも完備しています。(一部の車両にはありません)

他にも、

  • オンライン決済でスムーズに移動可能
  • 飛行機遅延に伴う料金請求はなし
  • 申し込み時には、英語対応も可能

などの特徴があります。

気になる利用料金ですが、成田空港まで1人定額4,980円。

現在のサービスエリアは都内23区となっており、都内からの移動であれば非常に便利です。利用については、事前予約制で2日前まで予約可能となっています。(サービスサイト

京成スカイライナー

上野駅と成田空港駅間を運行する空港特急です。

在来線最速の時速160kmで走行でき、日暮里駅から空港第2ビル駅までを最短36分(日暮里駅〜空港第2ビル駅までの最短所用時間)で結びます。

特徴は、成田空港までの所要時間が早いということ。

日暮里駅から空港第2ビル駅まで最短36分で到着し、上野から成田空港までも44分という早さで到着します。

リムジンバス

もう1つの手段はリムジンバスで成田空港に向かう方法です。

Airport Limousineなどが有名ですが、乗り場が駅やホテルと多数あるのが魅力ですね。

渋滞の心配もありますが、HPに現在の所要時間を記載してくれているので安心です。

料金は成田空港からの距離によって変わりますが、都心からだと3,200円ほどで利用可能です。

利用可能エリアも多く東京、神奈川、千葉、埼玉まであります。

タクシー

他にもタクシーで成田空港に行くことも可能です。

東京駅から成田空港までは約25,000円、距離にして約70kmです。東京主要9区の成田空港までのタクシー料金は以下の通りです。

料金距離/時間
渋谷区約28,020円79.3km/2時間55分
世田谷区約29,380円83.4km/3時間9分
港区約29,460円83.4km/2時間54分
千代田区約25,780円72.7km/2時間38分
中央区約26,020円73.5km/2時間38分
台東区約25,380円71.7km/1時間3分
墨田区約24,180円68.0km/2時間23分
新宿区約27,700円78.4km/2時間53分
文京区約25,860円73.1km/2時間40分

 

成田空港へのアクセスを成田エクスプレスとその他の手段で比較

成田空港への様々なアクセス手段を紹介しましたが、成田エクスプレスとその他の手段で比較したいと思います。

今回は全ての手段を東京駅から成田空港まで行く場合で比較しています。

成田エクスプレスとその他の手段の比較表

成田エクスプレス京成スカイライナーニアミーエアポートリムジンバスタクシー
東京駅から所要時間約1時間約50分約1時間10分約1時間30分約1時間
料金3,020円2,630円4,980円2,800円〜3,200円約25,000円
利便性全席指定1時間に1〜2本運行全席指定1時間に3本運行事前予約制Wi-fi完備
自宅に送迎
2時間に1本運行

それぞれのメリット・デメリット

それぞれの手段の比較情報はお分かり頂けたと思います。

値段や利便性、所要時間など違いますが、各手段にメリット・デメリットがあるので、以下の表にまとめました。

成田エクスプレス京成スカイライナーニアミーエアポートリムジンバスタクシー
メリット・車内が快適
・アクセスしやすい
・所要時間が短い
・料金が安い
・移動が快適
・定額で自宅まで送迎
・駅以外からもアクセス可能・どんな時間でもアクセス可能
・移動が楽
デメリット・料金がやや高い
・所要時間がやや長い
・地域によって利用しづらい・他と比べると料金がやや高い・渋滞などにより時間が読みづらい・料金が高い
・渋滞などにより時間が読みづらい

メリットが優れているものは料金が高い場合はほとんど。自分にあったサービスを選ぶ必要がありますね。

まとめ

成田空港までのアクセスは、都内からだと成田エクスプレスが便利ですね。

ただ、出発が日暮里や上野に近い場合や、早く安くアクセスしたい場合はスカイライナーを利用したいところです。

旅行など荷物が多いときは、ニアミーエアポートを利用するのもおすすめです。

成田空港までのアクセス方法はたくさんあるので、その時の目的や用途に合わせて手段を選ぶと快適に移動できますね。

参考)

https://www.jreast.co.jp/nex/charge.html

https://www.jreast.co.jp/nex/ticket.html

https://hayamati.jp/naritaekusupurestakai-1343

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。