新橋から羽田空港まで移動手段まとめ!おすすめの方法も紹介

新橋から羽田空港までの最適な移動手段が気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、新橋から羽田空港へ移動する際に利用できる交通手段を解説します。最後におすすめの移動手段もご紹介します。

ぜひ、参考にしてください!

新橋から羽田空港まで移動できる手段を解説

新橋から羽田空港まで移動できる方法は以下の4つです。

  • 電車
  • バス
  • タクシー
  • スマートシャトル

それぞれ解説します。

電車

新橋から羽田空港まで電車で移動することができます。

電車で移動する際の以下の3点を紹介します。

  • 利用する路線
  • 運賃の目安
  • 所要時間の目安

利用する路線

利用できる路線は以下の通りです。

  • 新橋駅→浜松町(JR山手線)→羽田空港第1ターミナル(東京モノレール空港快速)
  • 新橋駅→羽田空港第1・2ターミナル(京急本線エアポート快特)

新橋からは京急本線に乗ることで乗り換え無しで羽田空港第1・2ターミナル駅へ向かうことができます。

運賃の目安

運賃は以下の通りです。

  • 浜松町駅経由 640円
  • 直通 460円

直通の方が約200円ほど安く済みます。

所要時間の目安

所要時間は以下の通りです。

  • 浜松町駅経由 約25分
  • 直通 約24分

時間帯によっては電車が来るのを少し待つ場合もあります。直通の方が安く済み、時間はほぼ同じなのでできるだけ直通を利用したいですね。

バス

新橋から羽田空港までは深夜のみ京急バス(公式HP)で移動できます。京急バスは京急グループが運営しているバスサービスです。

それぞれ空港バスのサービスを提供しており、駅と羽田空港を直接結んでいます。

コロナウイルスの影響により、運休になっている便もあるので事前に確認しておきましょう。

運賃の目安

京急バスの運賃は運賃大人1,450円、小児730円です。

所要時間の目安

所要時間は新橋駅から45〜60分となっています。

時間帯や道路の交通状態によって前後することがあるので早めに移動するようにしましょう。

乗り場・降り場

京急バスの乗り場は新橋駅銀座口東口2番乗り場です。場所を公式サイトで確認しましょう。

羽田空港で降りることができるのは以下の3箇所です。

  • 羽田空港第1ターミナル
  • 羽田空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル

自分が乗る便に合わせて降車地を選びましょう。

タクシー

好きな場所から乗車できるタクシーも新橋駅から羽田空港まで移動可能です。

タクシーを使った際の以下の点を解説します。

  • 運賃の目安
  • 所要時間の目安

運賃の目安

タクシーを使った際の新橋から羽田空港までの所要時間は、21.7kmで8,260円となっています。

所要時間の目安

タクシーを使った際の所要時間の目安は約45分です。

道路の混雑状況によってはさらに時間がかかってしまう可能性が高いです。

スマートシャトル

続いて、スマートシャトル(公式サイト)を紹介します。

スマートシャトル(公式サイト)は、私たち株式会社NearMeが提供しているドアto空港の移動手段です。

料金は1人あたり定額2,980円です。なお、以下の区についてはこちらの料金になります。

  • 3,480円/人:荒川区、中野区、杉並区、豊島区
  • 3,980円/人:葛飾区、足立区、北区
  • 4,480円/人:板橋区、練馬区

※12歳未満は上記料金の半額になります。

所要時間はタクシーと同じほどで約70分前後となっています。

詳細については後述します。

新橋から羽田空港までの移動におすすめのスマートシャトルの詳細

新橋から羽田空港までの移動におすすめのスマートシャトルの以下のポイントを解説します。

  • サービスの特徴
  • 支払い方法

サービスの特徴

スマートシャトル(公式サイト)は、私たち株式会社NearMeが提供しているドアto空港のスマートシャトルです。

最大の特徴は、お客様のご指定場所にお迎えに行くことです。

重い荷物を持ち歩いて停留所に行く必要はありません。荷物が多い方や小さなお子様を連れた方にもおすすめです。

支払い方法

スマートシャトルの支払方法は、クレジットカードです。

事前に決済を完了することで、当日の乗り降りはスムーズになります。

なおスマートシャトルのご利用には、事前の手続きが必要です。

ここでは、予約方法についてもご紹介します。

ご予約の際は、スマートシャトル公式サイトから手続きを行ってください。

流れは、以下の5ステップです。

  1. 出発地の選択
  2. 利用日の選択
  3. フライト番号or希望到着時間の入力
  4. 利用人数の選択
  5. 予約確認・オンライン決済

まずは、出発地を選択します。

続いて空港の到着日を選びます。

スマートシャトルを利用する日ということですね。

その後フライト番号か希望到着時間を選択しましょう。

弊社独自のAIで最適な送迎ルートをご案内いたします。

続いて、利用人数を選びます。

最大6名まで乗車可能なので、ご家族やご友人の方とのご利用も可能です。

予約の確認をして、問題なければオンライン決済に入ります。

クレジットカードの情報をご入力ください。

以上でスマートシャトルの予約は完了です。

なおご利用の前日15時までに済ませておく必要があるので、注意しましょう。

スマートシャトルを利用する5つのメリット

新橋から羽田空港への移動ならスマートシャトル(公式サイト)がおすすめです。

スマートシャトルを利用するメリットを紹介します。

  • オンライン決済で支払いがスムーズ
  • 重い荷物を持って移動しなくて良い
  • 好きな時間に予約できる
  • 東京23区どこからでも乗車可能
  • 飛行機遅延に伴う料金請求がない

1. オンライン決済で支払いがスムーズ

スマートシャトルでは、事前にオンライン決済を行います。

そのため、乗り降りもスムーズです。

会計時にお釣りの受け渡しをしたり、クレジットカードで決済しなくて済んだりするので、急いでいる時でも、快適に移動が可能ですね。

2.重い荷物を持って移動しなくて良い

スマートシャトルは、東京都23区内あれば好きな場所からご利用いただけます。もちろん新橋駅からも乗車可能です。

好きな場所へ迎えに来てくれるので重い荷物を持って駅やバス停に向かう必要はありません。

空港までだけではなく、空港から自宅に帰る際も利用できます。

3. 好きな時間に予約できる

スマートシャトルでは、お客様のフライト時間や到着しておきたい時間に予約ができます。

モノレールやバスを使うとどうしても時刻表に合わせなければなりません。

スマートシャトルだと時間を気にせずにご利用いただけます。

早朝や深夜など、他の交通機関が動いていない時も利用可能です。

4. 東京23区どこからでも乗車可能

スマートシャトルは東京23区のどこからでも乗車が可能です。

どこから乗っても定額料金になるので、タクシーだと料金が高くなってしまうエリアで利用すると、料金を抑えられます。

5. 飛行機遅延に伴う料金請求はない

飛行機遅延は、空の状況などによりどうしても遅延しやすいです。

もしスマートシャトルのご予約時間を過ぎてしまった場合、料金を請求することはありません。

そのため、飛行機遅延を気にすることなくご利用いただけます。

まとめ

この記事では新橋と羽田空港間の移動手段の情報をまとめました。

  • 電車
  • バス
  • タクシー

など、荷物の状況や混雑状況に合わせて交通手段を選びましょう。

もし、快適に移動したいと考えているのであれば、スマートシャトルの利用がおすすめです。自宅まで迎えに来てくれる上に、料金は定額でかなりリーズナブルになっています。

羽田空港までの移動手段の参考にしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。